不妊治療日記

不妊治療を経て2017年12月に出産予定。文京区の保活のことなど。

保育園見学④-文京区/認証A型/D園

ひさしぶりの保育園見学。
文京区は認証園自体が3つしかなく、いずれも区の南側にあって我が家からは遠いので見ないつもりだったが、D園はバスで辛うじて通える範囲。
そして、年内の見学は9月が最後だとブログでアナウンスしていたので、慌てて見学に行くことにした。

場所はマンションの二階ワンフロアだが、0歳時の部屋以外はぶち抜きで広々として見える(0-1歳児とそれ以上の子どものスペースには仕切りあり)。
保育士さんは若い方が多いが、和気あいあいとした雰囲気。男性も二名いた。

冷凍母乳の対応もしてくれ、保護者の意向次第では慣らし保育を数ヶ月取る(4月から預けて職場復帰は6月など)こともできたり、認証らしい柔軟性が魅力的だった。
毎年哺乳瓶を全く受け付けない乳児が入園してくるけど、何とかなりますよー、と話してくれて、プロ!という感じ。

入園については、10月上旬に今日もらった最終確認票という封書を送付するシステム。そこで単願か併願かを申告し、単願の場合は11月から12月に面接を実施するらしい。
併願の場合は認可園の一次選考結果を合否にかかわらず園に連絡する。
認可に行けなかった人の中から内定者のみ3月下旬までに電話連絡があるとのこと。
先着ではなく誕生月や男女比を見て内定者を決めているということだったが、壁に貼ってある子どもたちの誕生日一覧では6月生まれが圧倒的。1月・3月生まれはいないようだった。
認可園待機で転園するお子さんがいるようで、補充のため年度途中の入園が結構あるような口ぶりだったので、そのせいかもしれない。

保育園の入り口にベビーカーがたくさん停めてあったので、近隣の方が多いのだろう。
我が家にとっての難点はバス+徒歩という通いにくさである。

家から遠いので単願には出来ないが、万一4月に待機児童になってしまった場合、4月の不合格者は5月以降の空き待ちにエントリー出来るらしい(園に要連絡)。
待機児童になる可能性は考えたくないが、保険として最終確認票を入手したことが今日の収穫だ。

園の雰囲気 ★★★★★
園の広さ ★★★★
保育の柔軟性★★★★★
通いやすさ ★
料金 ★★★★