不妊治療日記

不妊治療を経て2017年12月に出産予定。文京区の保活のことなど。

区役所で保育園入園相談

文京区での保活を本格的に始めるべく、午前休を取り、夫とシビックセンターへ。
事前に訪問日時をメール連絡していたが、特に予約は受け付けていないようだった。
幼児保育課は12階で、相談窓口は4つあり、私たちが訪れた時間には他に誰もいなかった。

てきぱきした職員の方に応対していただき、聞きたいことはほぼ聞くことが出来た。

■認可園について
平成30年度の資料は11月掲示予定。
平成30年度の新設園は二ヶ所決まっているが、それ以外は資料の更新のタイミングで発表。
・新設園は初年度は区民外の受け入れをせず、見学もできないので最低点数が低くなりがち。
・認可園の希望は第五希望まで。区全体の中で点数が高い家庭から決定するので、本当に希望する順で書いてよい(人気の低そうな園を第一志望にしても内定確率は上がらない)。一方で内定辞退は以後のマイナス点になるので注意。
・平成29年度の認可園倍率は0歳:1.6倍、1歳:2.0倍だったのでやはり0歳4月が入りやすい。
・12月上旬が出産予定日だと、平成30年4月1日時点では3ヶ月なので、まずは生後6週から預けられる私立認可園を目指し、5月1日以降生後4ヶ月から預けられる認可園に転園を希望する方法もある。

■認証・認可外・保育ママついて
・認証や認可外でも一定の基準を満たせば区から補助金が出る。認証は区民税連動で1~5万円、認可外は4万円。
・認証や認可外の申込書は施設によって異なる。総じて認可より簡易。
保育ママは区が申込を受け付ける。申込締切が認可園よりも遅いので、認可園の一次結果発表後でもよい。申込が早くても有利にはならない。選定は保育ママが行う。

認可園の0歳倍率は1.6倍。我が家は各8時間/日以上の共働き+文京区民+新規申込+近隣在住親族なしの26点、ほぼ基礎点しかない。
既に認証・認可外に預けている場合や兄弟がいる場合は27-28点になるので、これらの方には既に負けている。
そうすると次に同点内の年収差になるが、恐らく新設園に入れればラッキーという感じだろう。
やはり認証・認可外を早期に抑えるか、保育ママが現実路線だ。そして隙あらば受託と待機の2点追加で認可への転園を狙う。
だが文京区は認証園3つのみ、認可外もほとんどない...。
一方で隣接する豊島区などは認証も区民優先らしく、文京区民は行き場なし。

分かっていたが、厳しい状況だ。
最終手段は待機児童がゼロになったという豊島区へ引っ越すか。同じ事を考えている人、多そうだけど...。

とりあえず、認証・認可外を抑えることを目標に、夏の間に見学に行く。
認可の見学は秋以降でもいいので、認証・認可外から予約しよう。