不妊治療日記

不妊治療を経て2017年12月に出産予定。文京区の保活のことなど。

家電の買い換え

私たちは結婚して3年経つが、一緒に住みはじめてから買った大物家電はダイニングテーブルと椅子くらいだ。
ほとんどの家具・家電を独り暮らしだった夫の家から持ってきており、家電類に至っては10年物がほとんど。新しい家電は結婚祝いにもらったルンバと扇風機、あとは最近夫の趣味で買い換えた4Kテレビくらい。
冷蔵庫は高さ150センチもなく野菜室もない単身用だったし、洗濯機は4.5Lの縦型を使い続けていた。
それなりに問題なく使っていたが、安定期に入ったのと夫の誕生月でクレジットカードのポイントが多くつくタイミングだったので、やっと買い換えを検討し始めた。

結局買ったのはこちら。

現物を電気屋に見に行ったが、今多い400Lを越える大型タイプは容量が大きすぎて私には恐らく食品の管理ができない。何より玄関からダイニングの扉の幅が60数センチしかなく、このサイズがちょうどよかった。あとは夫のリクエストで自動製氷機付き。
まだまだ余白が多く使いこなせていないが、野菜の鮮度が保たれるような気がしているし、使い勝手よく満足。

そして更に満足度が高かったのが洗濯機と乾燥機。
※実際の洗濯機の色は白

当初はドラム式にしようかと思ったが、サイズの大きさやドアの開閉方向が固定なので引越した時に合わなくなる可能性がある点、また故障しやすいという話から洗濯機と乾燥機を別々に買うことにした。
ドラム式は洗浄力がいまいち、というのもこれから幼児が増えるにあたっては懸念点だった。

乾燥機の場合、洗濯後に乾燥機に移し替える手間はあるが、ドラム式だとしても私の衣類のほとんどは材質上乾燥はかけられないので、ここはあまりドラム式も変わらないと思う。
洗濯機の容量は同じサイズで7~9Lまであったので迷ったが、乾燥機の容量が最大で6Lだったので、差異が少ない7Lにした。
4.5Lの時は週に二回以上は洗濯機を回していたが、今は週末だけでも容量いっぱいにならない。そして何より干す手間がない!!

ドラム式全盛のいま、乾燥機はメーカーも減ってしまったようで、あまり機能的に進化していないだろうと思っていたが、ワイシャツ類は浴室乾燥で乾かしていたときよりもシワなくきれいに仕上がる。そしてタオルはふわふわ!!ごわついてきたので捨てようと思っていたタオルが救済されてしまった。

欠点は乾燥機が大きく脱衣所での存在感が凄いことと、乾燥中は脱衣所が暑くなること。
電気代についてはこれまでも浴室乾燥を使っていたのであまり変わらないと思う。
また、乾燥機は使用毎にフィルターの埃を取る必要があるが、フィルターが外しやすいのでそんなに苦にならない。今のところ週一回だし。

とにかく洗濯物を干さなくてよくなったのが本当に嬉しい。これから更に活躍してくれるはず。

洗濯機も乾燥機も結果的に日立で揃ったので、洗濯機に直接つけられる乾燥機台も書い、電気屋さんに設置もお願いした。作業の様子を見ていると、自力で設置するのはかなり大変そうだった。旧洗濯機の引き取りもしてくれたのでとても助かった。

ということで、スペースのある方には洗濯機と乾燥機、本当におすすめである。
共働き三種の神器はルンバ・食洗機・洗濯乾燥機と聞くが、全く異論なしだ。