8w4d 順天堂医院 初診

近所の産科で分娩予約がとれなかったので、慌てて他の病院を探し、順天堂医院を候補にした。

順天堂の産科の初診予約はHPでもいまいちよくわからず、結局電話で聞いてみることにした。
受付の方によると、産科は初診予約不要で直接病院に来て下さい、とのこと。ただし当日朝にHPの分娩予約状況を確認し、出産予定日の予約が埋まっていないことを確認してから行くこと、と(ちなみに今朝確認した時点で、11月上旬までの分娩予約が締め切られていた)。
また、順天堂の初診は8週以降可能なので、皆8週0日を目指して来院するとのこと。出来るだけ早くお越し下さい、ということだった。GW中なのでいつも以上に混むかも、とも。
週数から来院可能日を丁寧に数えてくれたりして、感じの良い方だった。

順天堂は紹介状必須なので(なくても5,400円払えばいいらしいが)、近所の産科に紹介状を頼み、後日紹介状を引き取って順天堂を訪問。とにかく早く分娩予約を取りたいのだが、GW中なのでどちらの病院も休診が多くスケジュールがややこしい!

そして夫も初診に付き合ってくれるはずが前日からの風邪でダウン。一人で向かうことになった。

火曜日は初診の受付は午後のみ。11:30開始のところ11:45に到着した。
自分の診察ではほぼ初めて大病院を訪れ、受付の混み具合にまず圧倒される。スタバもある...。
一階の総合受付で初診用問診票と保険証、紹介状を提示。そこから50分ほど待ち、4階4Bの産科受付へ進むように言われる。

産科ではまた別の問診票を書き、午後の診察は13:30からであることと、予約の方(恐らく再診の方?)が優先になるため、待つように言われる。
待ち合いのモニターに待ち人数が表示されるが、13:30の時点で33人。予約は13:30~/12人となっていたので、初診の方が20人強いるということだろうか。なお、私の受付票の受診番号は5番だった。

そこから三時間待ち。待ち人数は14:30頃に48人に達し、そこから減ったり増えたりしつつ30人台で推移していた。
15:30に看護師さんに名前を呼ばれ、中待合室へ移動。ほどなく診察室に呼ばれてすぐ内診。成長は順調なようす。
また、体外受精を受けているので対象外かと思ったが、セミオープンシステムを使えるらしい。これは、臨月になるまで提携している他院で妊婦検診等を受けられる制度で、順天堂の混雑緩和策のようだ。ただし低リスク妊婦が対象で、HPにチェックシートがある。
私が元々分娩希望していた医院もたまたま提携医院となっていたので、近場かつ待たなくて済むのはとても助かる。
待合室にいるのはだいぶお腹の大きい方が多かったので、恐らくセミオープンを利用している方がかなり多いのではないだろうか。

その後助産師さんから今後の診察スケジュール等の詳細な説明を受けた。先々の検診予約もしてもらい、20週で提出する分娩同意書ももらってやっとお会計。
お会計は自動精算機で凄くシステマティック...!

初診受付からお会計まで実に5時間の滞在でした。