読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7w4d 産科へ転院、失敗

土曜日に東京HARTを卒業し、早速産科で診てもらうことにする。
前にも通っていた地元の無痛分娩が出来る小さな病院。しかし、HPを見ると最短予約可能日はGW明けになっており、私は9週に差し掛かる頃。
さすがにそれでは分娩予約が間に合わないので、予約なしでも診てもらえることを確認し、午後半休を取って火曜日に病院へ。
並んでる間にも一組のカップルが分娩予約がもう一杯だと断られており、嫌な予感がする。やがて私も受付に呼ばれ、12月上旬はやはり分娩予約が埋まっているので、キャンセル待ちになるとのこと。
前回は7週そこそこで分娩予約が取れたはずだが、やはり早生まれは空いていたのだろうか?
先週の時点で診察してもらっていれば...と後悔するも、前回の事があり、正式に東京HARTを卒業するまでは産科に移るのは怖かったので致し方ない。

待ち時間中に猛烈な勢いで都内の無痛分娩が可能な病院を調べ、順天堂医院にあたりをつける。
8週以降の初診受付になるため、まだ分娩予約は可能なようす。GW中に分娩予約のための初診に再度挑戦しないといけないことに。
元々混むらしいが、連休もあるから更に待つんだろうな...。

内診は問題なく、週数や予定日も東京HARTの診断と同じ。母子手帳をもらうことと、2週間後に妊婦検診1回目を受診するよう指示があった。

産科が決まればやっと落ち着けると思ったのだが、道のりは遠い...。