体外受精費用まとめ

これまでの治療費についてはこちら。
http://gretta99.hatenablog.com/entry/2017/02/26/230902

その後の体外受精費用についてまとめた。

【採卵周期】
注射費用(通院4回) :109,120円
採卵費用 :475,200円
凍結追加費用(3個分):162,000円

合計 :746,320円

【移植周期】
相談費用 :1,250円
子宮鏡検査費用 :16,370円
ホルモン補充等費用 :38,390円
移植費用 :118,800円
注射費用 :2,100円

合計 :176,910円

【判定周期】
採血費用 :6,300円
ホルモン補充費用 :3,590円
内診・採血費用 :9,230円
内診費用 :5,570円
内診・紹介状費用 :8,070円

合計 :32,760円

【総合計】

955,990円

ということで、採卵一回・移植一回でほぼ百万円かかったことになる。
誘発方法はアンタゴニストで恐らく割高(ガニレストが高いので)だったが、移植は自然周期、移植後もほぼホルモン補充がなかったことから、恐らく東京HARTの中では特別高い方ではないだろう。
幸い移植一回で結果が出たので、当初考えていた「費用が高くても短期間で終わらせたい」という希望は叶えてもらった。本当に有り難いと思っている。
まだ産院の初診も終わっていないので、東京HARTの治療全体の感想は落ち着いてからまとめようと思う。

費用面について思うところだけ、メモしておく。

・採卵や移植といった大型の費用については体外受精の冊子にも明記されているし、看護師さんからも都度説明がきちんとある。とはいえ誘発方法や顕微になるかどうかで変わっていくので、その時になってみないとわからない面はある。
・凍結胚の追加容器費用は馬鹿にならないので、私のようにPCO傾向の方は採卵前に凍結個数の上限を相談した方がいいかもしれない。もしくは、(可能かわからないが)グレードの低い胚は容器をまとめてもらうとか。
・回数は少ないが、採血の費用は高い気がする。これは自前で検査ができず外部に委託しているためだろう。検査結果までタイムラグも出来てしまうので、内部化してもらえたらなーと思う。

こんなところだろうか。
HPにも明記されている通り、東京HARTではあらゆる検査や処置が自費で保険は全く効かないので、費用は高額だ。AIHの時から、内診一回で6,000円以上かかるのが辛かったが、高額な事が患者数の抑制に繋がっていると思うので、代わりに診察時間が短いいともいえる。
短期決戦にすると腹をくくって、数百万円を覚悟するのが良いと思う。

どなたかのご参考になれば幸いである。