不妊治療日記

不妊治療を経て2017年12月に出産予定。文京区の保活のことなど。

BT10 判定日

ひさしぶりに夫と共にクリニックへ。
先にわかっても後でわかっても結果は変わらないと思って、特に自分では検査をしなかった。
ただ、ここ二日間くらい薄茶やピンクがかったおりものが見られるので、生理が始まるのかな、と考えていた。普段の生理ではそういった症状はないが、かといって前回妊娠した時にも見られなかった傾向だったので。

院長側の問診室に入ると、「おめでたです、数値出てますよ」と声をかけられた。驚いて夫と顔を見合わせていると、「黄体ホルモンは自分で出せていると思うので、卵胞ホルモンだけ続けましょう。一週間後くらいに胎嚢が、その翌週に心拍が確認できたら出産に至る妊娠かわかるでしょう。流産の可能性はありますが、年齢的にもいけると思いますよ」とのこと。
その後看護師さんにもらった資料には、判定日から1ヶ月ほどで卒業と書いてあった。前回AIHで判定をもらったときは既に心拍が確認できる週数だったので、改めてまだまだ道のりは長いな、と感じる。
なお、具体的なホルモン値は特に教えてくれなかったが、看護師さんの持っていたカルテにhcg:301とあったのだけかろうじて読み取れた。

とりあえず嬉しい結果だったが、前回のことがあるのでまだ心配の方がはるかに大きい。
今度は12週くらいになるまでは出来るだけ親や上司にも言わないでおきたい...が立ち上がりかけの海外案件のスケジュールによっては難しいかもしれない。いずれにしてもあまり先のことは考えず、淡々と過ごそうと思う。

私が今クール最高にはまっていたドラマ、カルテットの台詞で言うと、「悲しいより悲しいことはぬか喜び」なのだと肝に命じて。

広告を非表示にする