BT0 移植日

朝一で顧客訪問後、急いでクリニックへ。
移植日の時間は11時で固定だった。
移植日がずれて仕事のリスケに精一杯だったこともあり(ただの言い訳である、本当にすみません...)、尿をためるというステップを完全に忘れていた。いつも通りトイレに行ってから看護師さんにHCG注射(5,000単位)を打ってもらい、「たまってますか?」と聞かれて思い出す体たらく。手持ちの飲み物もなかったので、病院で売っているというお水を購入することに。300mlくらいで100円、良心価格。

採卵のときと同様に全裸にガウンとキャップという格好になり、呼ばれるまで待つ。移植はいつもの内診台なのかと思っていたので、ちょっとびっくり。
しばらくして採卵室の隣の部屋に呼ばれる(室内の構造は同じようだったので、こちらも採卵室なのかもしれない)。今日の担当は院長、若い男性の培養師さんと入室。院長の一言目が「元気にしてますよ!」だったのでちょっと笑ってしまった。
4AAからグレードは変わらず、朝アシストハッチングして解凍してあると説明してくれた。
エコーは初めてのお腹から当てるタイプ。なので、腰にかける布はほぼたくしあげられて、下半身丸出し状態...。この期に及んで恥ずかしいとかの感情はないのでいいけども。
移植自体はそんなに時間がかからず、モニターを見ているうちに終わった。痛みも全くなし。
終わったあとにも院長が超音波診断モニターの味方を説明してくれた。内膜も1cmで問題なしとのこと。
安静時間は特になく、着替えてお会計をして約一時間の滞在時間だった。

今日だけは膣錠の使用が変則で、朝は飛ばして昼・夕方・夜の三回だそう。
もはや私にできるのはきっちり薬を使いきることだけだ。上手くいったら嬉しい。

会社に戻って午後は新卒採用の会社説明会のお手伝い。同じくお手伝い要員の後輩が、今日4/1付けの転勤の内示を受けたらしく、震えた...。