D20 採血結果確認

昨日の採血結果を聞くため、指示通り12時10分前にクリニックに電話。しかし、まだ医師の確認がとれていないということで、12時ちょうどにもう一度電話をすることになった。
10分後、看護師さんが採血のホルモン値をさらさらっと教えてくれ、慌ててそのへんの紙に数値だけメモをする。414、1.4、74。そして、値に問題ないので、予定通り移植出来るとのこと。明日から薬を忘れずに、と。
電話を切ってから移植周期のホルモン値について調べてみる。東京HARTではISO管理目的以外の採血が(多分)初めてで、ホルモン値を教えてもらうこともなかったのだ。これまで基本的に先生任せで全然調べてこなかったのだと実感...。
で、414は恐らくE2(卵胞ホルモン)、1.4はP4(黄体ホルモン)、74はよく分からないが多分LH(黄体形成ホルモン)か...?
いずれも排卵期としては正常な範囲のよう。
まずは1回目の移植が出来そうだ。

電話をする前に、もしホルモン値が満たずに今周期見送りになったら、と一瞬考えたけれど(私は最悪の事態を事前に想像して心構えをする癖がある)、三連休だし始めようと思っていたホットヨガの体験に行って、来月また頑張ろうとすんなり思えた。
去年の秋は人工受精を再開しかなり追い詰められた精神状態だったことを思うと、だいぶ回復していると感じる。

前回の妊娠が継続していれば、3/15が出産予定日だった。その日にも思ったが、この半年ちょっとで信じられないほど精神的に立ち直ることが出来た。
本当に生きていて楽しいことは何もない、人生は辛いばかりと思っていた去年の晩夏~秋だったが、ここまで来られてよかった。
ありきたりだが、私のなんでもない毎日は夫や家族、友人など多くの人に支えられている。そしてこの期間、アートや映画、小説、ドラマなどの創作物がどれだけ日々を癒してくれたかわからない。
そういうことを改めて感じることができて、よかった。