読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍼灸2回目

凍結確認の昨日、夜は鍼へ。
前回の施術から毎晩自宅でもお灸をしている。
冷え性はなかなか改善しないけど、ついでにやっているマッサージの効果か、便秘が解消されてきた今日この頃。特にくるぶし周辺とアキレス腱周りが悶絶するほど痛く、詰まってるんだなーという感じ。地道に続けよう。

さて、採卵から凍結までの結果を担当さんに話すと、やはり変形卵が多い(11/25個)のが気になるとのこと。
年齢的にも半分近く凍結に至ってもよいと。刺激が強すぎると変形卵が多くなりやすいらしく、もし次に採卵する場合は刺激法を病院と相談した方がいいかも、とアドバイスをもらった。なるほどー。
しかし、東京HARTは凍結容器ごとに追加費用が発生するはずなので、10個近く凍結に至っていたら費用面では相当痛かったはず(もう一度採卵するよりはもちろん安いけど)。

それはともかく、私は不妊治療のことは上司と数人の友人以外には話しておらず、相談できる人もいないので、鍼灸は気軽に話したり相談できる場として有難い。5日目と6日目の凍結ということは胚盤胞なのか?という初歩的な質問にも答えてもらったりして。
とりあえず胚盤胞が4つ確保できてよかったですね!と言ってもらったし、移植周期頑張ろう。

施術中はふるさと納税とか修学旅行とか、全然不妊治療と関係のない話をしながらしっかり鍼を刺してもらう。
あと、代々木上原はおしゃれカフェやパン屋さんが多い(芸能人も多いらしい)という話もして、折角なのでこれから開拓していきたい。甘いものもパンも不妊治療にはあんまり良くなさそうだが、まあ楽しみも必要なのでほどほどに。
この日は帰宅後に揉み返しのようなだるさが肩やふくらはぎに残った。いつもより長くストレッチをして、愛用してるあずきのちからで肩を温めてから寝た。