読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての採卵日

採卵日当日は朝8:15にクリニックに着かなくてはならない。我が家からクリニックまでは45分くらいの距離だが、今回、夫はどうしても遅れられない用事があり、いつも通り自宅採精することになったので、一時間近く前に家を出る必要がある。
私は6:15にすっぴんのまま(眼鏡と薄化粧の指示だったので)近所のオープン直後のジョナサンへ。
7時に夫からカップを受け取り、クリニックへ向かった。
この日採卵の患者は私を含めて5名。採卵順はあらかじめ決められており、私は4番目だった。
全裸にガウンタイプの術衣、不織布のキャップという姿に着替え、ベッドに横たわって待つ。
その間に看護師さんが点滴を入れてくれる。私は血管がかなり細いらしく、採血の時に毎回ご苦労を強いてしまうのだが、とても上手な方だった。
ベッドはカーテンで仕切られているが、他の方が順番に呼ばれては戻ってくる気配がする。
4番目なので一時間ほどは待っただろうか。
点滴を付けたままトイレを済ませ、手術室に入る。流産の手術を受けていたので、同じようなもんだろうと思っていたが、こちらの手術台は設備が本格的で、ちょっと怖くなる。台自体が高い位置にあるので、小さなステップを登って横たわると、5,6人の看護師さんが手際よく手足を固定してくれ、静脈麻酔が入る。1から6まで数えたところで意識はなくなった。なお、この日は院長が担当だった(医師の指名はできない)。
次に気づくと元いたベッドの上で、下腹部は生理痛の重い日くらいの痛み。
我慢できないほどではないので、特に痛み止めはもらわず、いただいたお茶と飴を食べて一時間程休んだだろうか。
トイレで血尿が出ないことを確認した後、着替えて受付へ。そしていつもの処置室で膣内のガーゼを院長が抜き取ってくれて終了。この時院長が取れた数は25個、変形卵が11個(12個だったかも)とさらーっと言い残していった。25個とはどうりで下腹部が張って痛かったはずだ。しかし、変形卵は多過ぎでは?と思い、帰る道々ネット検索するが、多嚢胞自体がそういう変形卵を残したままになった状態、ともあったので、気にしないことにする。受精卵は多いに越したことはないが、たくさん子供が欲しいわけではないのだし、5個、いや2-3個でも受精してくれていれば十分だ。
元気があれば表参道駅でランチして帰ろうと思っていたが、さすがに痛みがあってだるいので、大人しく自宅に帰った。